Sapporo Shoulder Course in 2018
会場 ホテルエミシア札幌(旧シェラントン新札幌ホテル)
地下鉄新札幌駅 徒歩2分
〒004-0552 札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5番25号
TEL:011-895-8811
内容 レクチャー、Prerecorded Video Session、ワークショップ
上腕骨近位端骨折および続発症に対する骨接合術・人工骨頭置換術・
全人工肩関節置換術・リバース型人工肩関節置換術、
鎖骨遠位端骨折・肩甲骨骨折に対する骨接合術、
肩鎖関節脱臼に対する靭帯再建術、
術後リハビリテーション、など
主催 整形外科 北新病院
上肢人工関節・内視鏡センター センター長
                末永直樹
共催 整形外科 北新病院
定員 100名(先着順)⇒※残り50名に増やしました。 100名(先着順)⇒※定員に達しました。
参加費用 5万円(テキスト含む)
参加申し込み 参加申し込みは2018年4月1日からとなります。
定員になりしだい締め切らせて頂きます。
お問い合わせ SSC2016@yahoo.co.jp

予定プログラム

Sapporo Shoulder Course in 2018 肩の外傷 ー骨接合術&人工肩関節置換術ー


1日目

8:00-9:10 肩外傷治療の基本

1.肩のキネマティクス
2.肩外傷の手術に必要な器械と手術体位の取り方
3.肩外傷の手術アプローチ
4.肩外傷の理学所見
5.肩外傷の画像診断
6.肩外傷の術後外固定と管理のポイント
7.感染症をふせぐために


9:20-10:20 上腕骨近位端骨折①

1.分類と治療指針
2.保存的治療法の実際
3.手術治療の歴史
4.頚部2-part骨折に対する骨接合術
5.3, 4-part骨折に対する骨接合術
6.大結節骨折に対する骨接合術


10:20-10:40

Coffee break

10:40-12:20 上腕骨近位端骨折②

7.人工関節置換術の適応ー人工骨頭置換術、RSA-
8.人工関節置換術の機種選択
9.人工骨頭置換術のアプローチと結節固定方法
10.ステムのセメンティングテクニック
11.プレスフィットステムの挿入
12.人工骨頭置換術の合併症の予防と対処法
13.RSAのアプローチ
14.RSAのステム挿入と結節固定法
15.グレノイドの展開とグレノスフィア設置
16.RSAの合併症の予防と対処法


12:45-13:45 Lunch & Video session①

(日整会単位 14-2(申請中))
上腕骨近位端骨折に対する骨接合術および人工関節置換術と感染予防


14:00-15:00 肩鎖関節脱臼

1.分類と治療指針
2.保存的治療法の実際
3.手術治療の歴史
4.新鮮例に対する手術治療
5.陳旧例に対する手術治療


15:00-15:20

Coffee break

15:20-16:10 鎖骨遠位端骨折

1.分類と治療指針
2.保存的治療法の実際
3.フックプレートの適応と利点・欠点
4.その他の骨接合術の適応と利点・欠点
5.偽関節に対する手術治療


16:20-16:50 鎖骨近位端骨折・胸鎖関節脱臼

1.分類と治療指針
2.保存的治療法の実際
3.手術治療の実際


以下は希望者のみ参加(事前申込みは不要です)

17:00-18:00 LOFC conference (Long-term outcome & failed case conference)

ジョンソン・エンド・ジョンソン共催
(演題・症例の提供していただける先生はメールで御連絡下さい)

2日目

8:00-8:50 肩甲骨骨折

1.分類と治療指針
2.保存的治療法の実際
3.肩甲骨関節窩骨折に対する骨接合術
4.烏口突起骨折・肩峰骨折に対する骨接合術
5.肩甲上神経麻痺に対する鏡視下神経除圧術


9:00-9:50 外傷性肩関節脱臼

1.外傷性肩関節脱臼の分類
2.外傷性肩関節脱臼の診断
3.外傷性肩関節脱臼の整復方法
4.初回脱臼の治療方針
5.外傷性肩関節脱臼の保存治療


9:50-10:10

Coffee break

10:10-11:10 Fracture sequelaeに対する手術治療

1.Fracture sequelaeの分類と治療指針
2.Type 1: 上腕骨頭壊死に対する手術治療
3.Type 2: 陳旧性肩関節脱臼に対する手術治療
4.Type 3: 上腕骨近位端骨折偽関節に対する手術治療
5.Type 4: 大結節変形治癒骨折に対する手術治療


11:20-11:50 肩外傷治療後のトラブル対処法

1.感染に対する治療
2.再置換術のコツとピットフォール


12:00-12:30 肩外傷の術後リハビリテーション

1.骨接合術後のリハビリテーション
2.人工骨頭置換術後のリハビリテーション
3.RSA後のリハビリテーション


12:50-13:50 Lunch & Video session②

(日整会単位 2,9(申請中))
肩周辺骨折および続発症に対する手術治療


以下は希望者のみ参加

14:00-16:30 Workshop

ジンマーバイオメット
 (定員ハンズオン10名※定員に達しました。見学のみ10名※定員に達しました。)

テーマ;上腕骨近位端骨折に対して良好な成績のための手術手技の工夫:人工骨頭・リバースショルダー
講師;三好直樹先生(旭川医科大学)

ジョンソン・エンド・ジョンソン
 (定員20名※定員に達しました。)

テーマ;上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭挿入術、リバース型人工肩関節全置換術、人工骨頭挿入術からリバース型人工肩関節全置換術へのリビジョン
講師;相澤利武先生(いわき市立総合磐城共立病院)

帝人ナカシマメディカル
 (定員12名※定員に達しました。)

テーマ;鎖骨遠位端骨折に対するワイヤリング併用プレート固定術および上腕骨近位端骨折に対する横止め髄内釘固定術
講師;森澤佳三先生(副島整形外科クリニック)、山根慎太郎先生(北新東病院)

スミスアンドネフュー
(定員6名※定員に達しました。)

テーマ;鏡視下骨接合術
講師;加藤久佳先生(日本鋼管福山病院)

ライトメディカルジャパン
 (定員なし)

テーマ;Wright Medical Shoulder Products Workshop
メーカー担当者より説明およびワークショップ

ビデオセッションについて

下記の如く、ビデオセッションでは日本整形外科学会の教育研修単位が取得可能です。(単位取得費;1単位につき1000円)

7/13(金)
12:45-13:45 Lunch & Video session① 日整会単位 14-2(申請中)
7/14(土)
12:50-13:50 Lunch & Video session② 日整会単位 2,9(申請中)
 参加申し込みはこちら
定員に達しましたので、参加申し込みは締め切りました
 ホテルの予約はこちら

特別料金でお部屋を用意しています。先着順ですのでお早めにお申し込みください。
宿泊申し込み方法:直接、ホテルエミシアの営業部の三浦康恵様までe-mailでお申し込みください。
(上のバナーをクリックするとメールソフトが起動し、三浦様へメールを送信できます)
その際にはSapporo Shoulder Course in 2018参加予定であることを記載お願いいたします。